匠の世界
たくみ・の・せかい



★『 匠の世界 』◇ 染 織 ◇1〜7巻セット
日本各地に自然素材を用いた鄙びの味の織物がある。
一方、絢爛豪華な王朝貴族の雅の極致もあり、武家の裃、町衆好みの染めや絞まで、貴重な技が息づいている。

@「 匠の世界 」 染織 一
*紬縞織・絣織 織は人なり、人は心なり
 郡上八幡に郡上紬を開発した紬縞織・絣織の名匠宗廣力三(重要無形文化財/各個認定保持者)の生き様と技を伝える。

*友禅 幽玄の天地を染める
 加賀友禅の技と京友禅の技を融合させた名匠羽田登喜男、(重要無形文化財:各個認定保持者)の匠の厳しい丹精の毎日を描く。

A【「 匠の世界 」 染織 二
*友禅 品格を薫りに染めて
 独自の蒔糊の技法で、京友禅に新風を吹き込みつつ伝統を守る守口華弘(重要無形文化財/各個認定保持者)特に独自に創案した、蒔糊  の技法の記録は貴重である。

*有松鳴海絞 いま浮世絵にあるごこく
 380年の伝統をもつ有松鳴海絞(記録作成等の措置を講ずべき無形文化財)は、女性の家内職に支えられてきた。複雑で綿密な手仕事を通して絞模様を紹介する。

B「 匠の世界 」 染織 三
*喜女嘉の芭蕉布 琉球の女を紡ぐ
 糸芭蕉の繊維から糸を採る。その成長に2年その一本から取れる糸は60g平良敏子(重要無形文化財/総合認定保持者)糸を紡ぎ、染めてから織り上げるまでに3年間をかける芭蕉布の織物。

*広瀬絣技術者会 藍の華を育む
 江戸末期に始まった広瀬絣の製作工程の全てを、広瀬絣技術者会の天野圭(記録作成等の措置を講ずべき無形文化財)が紹介する。

C「 匠の世界 」 染織 四
*宮古上布保持団体 青が織り成すひと模様極限の織物」とよばれる宮古上布の採取から染織、織までを宮古上布保持団体(重要無形文化財保持団体)で記録した。

*江戸小紋 充実の無を追う
 複雑な単位模様を染め上げる江戸小紋の技術を、小宮康孝(重要無形文化財:各個認定保持者)が紹介する。

D「 匠の世界 」 染織 五
*有職織物・羅 雅の伝承
 平安時代の貴族の衣装であった有職織物を現代によみがえらせた喜多川平朗(重要無形文化財/各個認定保持者)の技。

*古代裂製作 金襴を織る
 数多くの古代裂(きれ)を復元し重要文化財の絵画の表装に使われた名匠広瀬敏雄(選定保存技術保持者)の記録。

E「 匠の世界 」 染織 六
*伊勢型紙縞彫 無限の縞
 武家の裃に用いられた小紋の型が伊勢型紙。その小紋の縞彫りの限界に挑戦した伊勢型紙縞彫の児玉博(重要無形文化財/各個認定保持者)の紹介を紹介する。

*伊勢型紙糸入れ 無心の糸
 縞柄の着物を染める型紙には、型紙の縞がずれたり、よれたりしないように細い糸が入っている。糸入れの繊細な技術を城ノ口みゑ(重要無形文化財/各個認定保持者)が紹介する。

F「 匠の世界 」 染織 七
*越後上布・小千谷縮布技術保存協会 雪中に織る
 越後上布の素材、麻の特性に合った気候環境で織られる様子を越後上布・小千谷縮布技術保存協会(重要無形文化財保持団体)で収録。

*結城紬本場結城紬技術保持会 家族の心をひとつに織る
  祖母、母、娘の三代にわたって着ることの出来る絹織物は「結城三代」とよばれる。織上がりまでの工程を本場結城紬技術保持会(重要無形文化財保持団体)で記録。



★『 匠の世界 』◇ 金 工 ◇1〜7巻セット
日本には世界一の鉄の技術がある。
それはたたら師が支えた鋼鉄技術と刀剣技術のなかで磨かれてきた。
鏡や梵鐘を中心とした銅の技術、黄金の国にふさわしい金の技術も見落とせない。

@「 匠の世界 」 金工 一
*梵鐘 梵鐘・心の響きを求めて
  梵鐘の音は、広大な空間に広がる。心の響きを求め鋳造から完成の一撞きまでの緊迫感を胸に香取正彦(重要無形文化財/各個認定保持者)が鋳造する。

*鋳鏡研磨 神器を磨く
  鋳鏡研磨技術者山本鳳龍(記録作成等の措置を講ずべき無形文化財)は、「おのれを磨くことで、よい鏡ができる」という御神鏡製作60年の技術を余すところ無く記録した。

A「 匠の世界 」 金工 二
*刀剣 鉄に魂を打ち込む
  日本最古の刀鍛冶月山家伝統の綾杉伝をはじめ、五ヶ伝を修めた名工月山貞一(重要無形文化財/各個認定保持者)の厳しい刀鍛冶の精進の日々。

*刀剣 鍛えてしなやかに
  隈谷正峯(重要無形文化財/各個認定保持者)は、和鉄の鉄作りから古刀を新生したその全工程と刀紋を決定する秘伝土取りを収録。

B「 匠の世界 」 金工 三
*刀剣研磨 甦る日本美
  「刀は研きが半分」と言われるように、日本刀は研きの技術が重要である。室町時代以来の研き師の名家を継ぐ本阿弥日州(重要無形文化財/各個認定保持者)刀剣に日本美を吹き込む。

*刀剣研磨 研く刃は白く、地は青く
  正倉院宝物の170振りの刀剣を26年の歳月をかけて研いだ小野光敏(重要無形文化財/各個認定保持者)を紹介する。

C「 匠の世界 」 金工 四
*彫金 鏨が刻む自然の心
  鏨と金槌で香炉の地金に、金、銀、鉛などを嵌め込む布目象嵌作家、鹿島一谷(重要無形文化財/各個認定保持者)の製作した香炉が名工の手の中に輝きだす。

*玉鋼製造 炎にたくす技と命
  古来のたたら吹きの和鉄生産技術を復活した安部由蔵・木原明(選定保存技術保持者)の二人による村下(むらげ)の神秘に包まれた炎の技が明かされる。

D「 匠の世界 」 金工 五
*茶の湯釜 鉄と炎に生きる
  三代続く釜師の家に生まれた角谷一圭(重要無形文化財/各個認定保持者)は、名品「芦屋釜」を越える茶の湯釜を作りたいとこだわり続ける。

*鎚起銅器 鎚音響く器
  鎚起は、一枚の銅の板で継ぎ目の無い銅器をつくる技。玉川政男・玉川宣夫(記録作成等の措置を講ずべき無形文化財)が複雑なヤカンを作り上げてゆく工程を収録した。

E「 匠の世界 」 金工 六
*漆掻き用具製作 漆芸を支えた鎚音
 日本でただ一人の農鍛冶の漆掻き用具製作の中畑長次郎(選定保存技術保持者)の製作工程と、失われつつある漆掻きの貴重な記録。

*刀装甲冑金具 剛の装い・雅の拵え
  日本刀の拵えや甲冑の金銀、鋼鉄などの飾り金具をつくる白金師宮島市郎(選定保存技術保持者)が製作、修復した作品の紹介とともに拵えの完成まで全工程を収録した。

F「 匠の世界 」 金工 七
*刀装金具 白銀師―刀装職人
  日本刀の刀身を支え保護し鞘走りを止める「はばき」。赤野栄一(選定保存技術保持者)が、精緻な刀装具作りに精魂を込める。

*上代飾金具 輝きを仕つらえる
  正倉院の金属工芸に魅せられた金江宗観(選定保存技術保持者)が、上代の彫金、象嵌、七宝技術を復興。名工による引手の製作が美の結晶へと誘う。



★『 匠の世界 』◇ 陶 芸 ◇1〜4巻セット
六古窯に成熟し、桃山に花開き、江戸に爛熟し、明治に工夫を極めた日本の陶磁器。
素朴な瓦や民間窯から贅をつくした色絵磁器、優れた作家まで、土と手の技を記録する。

@「 匠の世界 」 陶芸 一
*琉球陶器 赤い土と炎の里
  琉球陶器の第一人者金城次郎(重要無形文化財/各個認定保持者)は、沖縄陶土の特徴を生かし白土の象嵌技術を継承する。

*小鹿田焼 みだりに昔をくずさぬように
  小鹿田焼の黒木利保(記録作成等の措置を講ずべき無形文化財)は、日田の皿山で開窯以来三百年変わらぬ陶技が伝えられる。飛鉋(とびかんな)、刷毛目の加色が美しい。

A「 匠の世界 」 陶芸 二
*色鍋島 色絵磁器のシンフォニー
  色鍋島の今泉今右衛門(重要無形文化財/各個認定保持者)のもとに、細工、上絵、水拭い、窯焚き、施釉などの工程が組織的管理され生産されている。

*柿右衛門濁手 白い磁肌に挑む
  柿右衛門濁手は、十四代酒井田柿右衛門の正統的な技術により、白い磁肌が継承される。

B「 匠の世界 」 陶芸 三
*鉄釉陶器 千三百度の炎を操る
  鉄釉陶器の名工清水卯一(重要無形文化財/各個認定保持者)は、比良山の陶土に鉄分の多い釉薬を塗る事により、独創的な技術を開発した。

*備前焼 緋の景色・土と炎のシンフォニー
  備前焼の山本陶秀(重要無形文化財/各個認定保持者)は、景色を求めロクロ引きから15日間もの間焼き続けられる窯場までを紹介する。

C「 匠の世界 」 陶芸 四
*色絵磁器 鳥に託す色絵の夢
  色絵磁器の藤本能道(重要無形文化財/各個認定保持者)は写生を生かし、ぼかし、陰影、立体感を駆使した新技法を開発した。

*屋根瓦製作 現代の鬼師
  鬼瓦製作の小林章男(選定保存技術保持者)は、邪から家を守る鬼瓦を焼く職人であり、母屋という土台で粘土を手で練りながらの鬼面つくりは、気迫があふれる。



★『 匠の世界 』◇ 木竹工 ◇1〜5巻セット
日本は木と竹の文化の国である。
建築もインテリアも、食器から人形や面まで、広汎に木や竹が利用されてきた。
その木工芸技術は、世界の最高峰の一つを築いている。

@「 匠の世界 」 木竹工 一
*美術工芸保存桐箱製作 桐にいのちを
  美術工芸保存用「桐箱」製作の前田友斎(選定保存技術保持者)が重要文化財「三十六歌仙」の軸巻き、桐箱製作に精魂を込めて取り組む。

*美術工芸保存桐箱製作 木の息を聴く
  飛騨の匠の血を引く指物師上田淑宏(選定保存技術保持者)は、春日大社の太刀を収める桐箱つくりの工程に桐との対話が聞こえてくる。

A「 匠の世界 」 木竹工 二
*竹工芸 竹と語り美を編む
  竹工芸家飯塚小斎(重要無形文化財/各個認定保持者)は、「自然の美しい竹を切って殺してしまうからこそ、新しい美に生まれかわらせる」と繊細な技法で竹を編み上げる。

*木造彫刻修理 歴史の美を守る
  岡倉天心が創設した、財団法人美術院(選定保存技術保持団体)は多くの国宝、重要文化財の木造彫刻修理を手がけている。

B「 匠の世界 」 木竹工 三
*木工芸 木に魅入られて
  指物、彫刻、木象嵌などの木工あらゆる技術を独自の創意で開発した大野昭和斎(重要無形文化財/各個認定保持者)が、桑の箱の製作を行う。

*木工芸 桐くり物に賭ける
  一枚の板のみを使って盤をつくる「くりもの」中薹瑞真(重要無形文化財/各個認定保持者)が、桐製の菱形輪花箱をつくる工程を収録。

C「 匠の世界 」 木竹工 四
*木象嵌 彩をかざる
  木象嵌製作の秋山逸生(重要無形文化財/各個認定保持者)は、紫檀、黒檀、欅など木地に金属、竹、貝をはぎ合わせ木目の変化に調和させ緻密な模様をつくっていく。

*能面製作修理 能の心を打つ
  下駄屋の丁雅から能面師となった長沢氏春(選定保存技術保持者)は、京都壬生狂言や平泉中尊寺の古面の修理を果たした。

D「 匠の世界 」 木竹工 五
*建築物木工 木と語る匠
  奈良薬師寺の金堂、西塔を復興した宮大工棟梁西岡常一(選定保存技術保持者)が、薬師寺の大伽藍の復興を手がけた貴重な記録を収録。

*文楽人形 かしらに生命をこめる
  戦火で消失した大阪の文楽人形を復興した阿波鳴門の名工大江巳之助(選定保存技術保持者)は、文楽協会の400余のかしらを製作した。



★『 匠の世界 』◇ 漆 芸 ◇1〜5巻セット
漆は照葉樹林帯の植物であり、日本では縄文時代以来の伝統がある。
この伝統を生かして、絢爛豪華な漆芸が展開した。
漆かきや漆濾しを支える基盤技術も収録されている。

@「 匠の世界 」 漆芸 一
*蒔絵 漆箱の宇宙
  金銀の薄板を貼る平文の達人大場松魚(重要無形文化財:各個認定保持者)の「平文円舞箱」の構想から完成までを丹念に取材した。

*蒔絵筆製作 強くしなやかに
  蒔絵は漆で文様を描き、金粉を蒔く。そのとき用いる蒔絵筆は、玉毛(猫毛)で作られるが蒔絵筆一筋に生きる村田九郎兵衛(選定保存技術保持者)の繊細な調整過程を収録。

A「 匠の世界 」 漆芸 二
*蒟醤 漆芸の完成を求めて
  繊細な線や彫った文様に色漆をはめこんで研きだす独特な漆技法「蒟醤」の名工磯井正美(重要無形文化財/各個認定保持者)の製作工程を収録。

*彫漆 色漆の心を彫る
  彫漆とは色漆を何層にも重ねて彫ると宝石のように輝きを見せる。音丸耕堂(重要無形文化財/各個認定保持者)は、多色の漆の配色を考えて文様を彫り出してゆく。

B「 匠の世界 」 漆芸 三
*髹漆 飾りなき漆の美
  漆とは漆の塗りのことである。名工増村益城(重要無形文化財:各個認定保持者)の「紙胎朱溜盤」の製作過程を収録した。

*蒔絵 華を蒔く
  漆の上に金粉や貝のみじん、卵の殻など蒔いて文様を描く蒔絵製作の寺井直次(重要無形文化財/各個認定保持者)の構想から完成まで追い、華麗で高貴な蒔絵作品の世界を紹介する。

C「 匠の世界 」 漆芸 四
*輪島塗 奥能登、風雪に生きる
  500年あまりの歴史をもつ輪島塗。輪島漆器を生んだ自然環境の中、輪島漆技術保存協会(重要無形文化財/総合認定保持者)の多様に開発された漆芸技術を総合的に記録した。

*漆刷毛製作 甦る女の髪
  漆塗りの原点とも言える漆刷毛。八世泉清吉(選定保存技術保持者)が、毛髪を生漆と糊で固め刷毛作りの命ともとわれる櫛入れなど貴重な技術を公開した。

D「 匠の世界 」 漆芸 五
*漆工品修理 古都奈良、雅を守る漆芸
  正倉院の233点の漆工芸品の修理を手がけた北村大通(選定保存技術保持者)は、螺鈿の玉帯箱を復元した。

*漆濾紙製作 漆の美を支えて
  漆工芸の基盤を支える漆濾紙。昆布一夫(選定保存技術保持者)は、吉野にただ一軒、漆濾紙を製造する、楮の川ざらしから紙漉きまでを収録した。



★『 匠の世界 』◇ 和 紙 その他 ◇1〜2巻セット
一千年にわたって文字情報を支えた和紙。
日本の情報を彩った技術を中心に紹介する。

@「 匠の世界 」 和紙 その他 一
*和紙 一枚を念ずるがごとく
  日本最古の紙は、紀元702年の美濃紙で作られた戸籍用紙である。以来変わらず漉き続けられてきた美濃和紙を本美濃紙保存会(重要無形文化財保持団体)で収録した。

*和紙 今に生きる・手漉和紙
  石州産の正倉院の和紙は、1300年間生き続けている。石州半紙技術協会(重要無形文化財保持団体)は、現代の書画を1000年の未来に伝えるために楮を育て漉きあげる。

A「 匠の世界 」 和紙 その他 二
*和紙 手漉きの伝統
  和歌山で漉かれた細川奉書の技術が埼玉県の秩父にもち込まれた。細川紙技術者協会(重要無形文化財保持団体)で、簀つくりや紙漉き用具紹介とともに伝統技術を収録した。

*唐紙 雅の景色を装う
  雲母と絵の具を用いて、木版刷りで模様をつけた唐紙。千田長次郎(選定保存技術保持者)所有の600点に及ぶ版木とその技術を紹介する。



【書籍】

開館50周年記念「林原美術館名刀図譜」A3上製版

開館50周年記念「林原美術館名刀図譜」 A4版

【DVD】

刀剣 匠の世界 叢雲会作品集 普及版
叢雲会の刀鍛冶8名の代表作15振りを持ち寄り、製作者自らが一番撮って欲しい箇所と角度を指定し、照明の当て方等にもとことんこだわったハイビジョン撮影により、地鉄や刃文の細やかな輝きなどを究極の映像技術で再現。
さらに、沸、匂い、金筋、映りなど、刀剣初心者には理解し難かった日本刀の細やかな働きの説明、刀剣の時代による姿の変遷なども説明。
備考
本作品は2006年にリリースされたものをより広く一般の方々にもお楽しみいただけるよう、普及版として制作、発売されたものです。収録されている映像は「叢雲会作品集」と同じものです。※今回は英語版のカート等、掲載しないことにしました。どうぞよろしくお願いします。

日本刀鍛錬の記録
@現代相州伝 日本刀鍛錬の記録炎に祈る 刀匠 宮入小左衛門行平
A現代備前伝 日本刀鍛錬の記録 鍛錬一貫 刀匠 吉原國家

日本刀・柄巻のすべて 三谷修史
日本刀の柄を巻く職人を柄巻師と呼ぶ。その柄巻の第一人者、三谷修史。
この映像には三谷の持てるすべての技を収めている。
Disc1では、現在、柄巻の主流でもある「一本留め」を収録。
江戸時代に徳川家が正式に採用した留め方で、唯一所作法を継承する留め方でもある。

Disc2には、三谷が研究した「二本留め」「蛇腹留め」の技も収録した。
その他、「柄形の各種」「柄木の製作」「鮫皮着せ」
「柄糸について」「目貫の位置・入れ方」等も収録している。

現代月山伝日本刀鍛錬の記録〜百錬精鐵〜800年綾杉の系譜 刀匠 月山貞利
鎌倉時代隆盛を極めた出羽の月山鍛冶、その流れをくみ800年の伝統を受け継ぐ月山貞利。大学卒業後、父である人間国宝 故月山貞一の薫陶を受け刀鍛冶に。現在は、月山一門当主として後継者育成にも尽力、多くの優秀な刀鍛冶を輩出しています。このDVDでは、月山伝の鍛練技法を本人のインタビューを交え、ハイビジョンで撮影記録したものです。

日本刀の研磨と手入れ 本阿彌光洲
日本刀の研磨、鑑定における最高峰、「折り紙付」の語源ともなった本阿彌家。本阿彌光洲は、父の人間国宝、本阿彌日洲に師事し光意系18代を継ぐ。近年、東京都無形文化財の指定を受け、現在は公益財団法人日本刀文化振興協会理事長を務める。今回、その卓越した日本刀の研磨技術をつぶさに披露。また、本阿彌家の手入れ方法及び鑑賞方法も同時に収録。

小柄工房 刀鍛冶のすすめ
世界に誇る工芸品、美術品である日本刀
その製作工程を追ったドキュメント。
日本刀は最も素晴らしい鉄の工芸品として世界に知られています。匠の技により生まれた日本刀の実用性と美しさは千年以上も人々を魅了してきました。日本刀研究家ポール・マーティン氏が刀工小澤重範氏の指導を受けながら、日本刀と同じ製作方法に従い、伝統的な小刀の製作を試みた工程をまとめたレポートです。

日本刀 宮入行平のわざ
日本刀がどのようにして造られるのか。刀匠、宮入行平のわざとこころに迫る。

現代に伝わる日本刀の心と技
収録時間 日本語版32分/英語版32分
内容 [日本刀製作工程]
火入れ Hi Ire
水減し Mizu Heshi
甲伏 Ko Buse
テコ台の作成
積み重ね Tsumi Kasane
積み沸かし Tsumi Wakashi
折り返し鍛錬 Orikaeshi Tanren
素延べ Sunobe
区 Machi
火造り Hi Zukuri
荒仕上げ Ara Shiage
土取り Tsuchi Dori
焼き入れ Yaki Ire
反り直し Sori Naoshi
鍛冶研ぎ Kaji Togi
茎仕立て Nakago Jitate
「平凡の友」「平凡の友社」におまかせください。

伝えたい日本の美しいものシリーズ 全5巻
京都、縄手古門前の小さな骨董店「てっさい堂」の貴道裕子さんが数十年を費やし蒐集してきた美しくも小さな、豆皿、帯留、ぽち袋の数々。
それぞれを小さな本に集成した「伝えたい日本の美しいもの」シリーズ全5巻。
日本人が忘れかけた日本人の美意識が、職人の手で封じ込められ、しっかりと息づいている。

DVD源氏物語桐壷巻『光源氏の加冠』 1
十二単に代表される平安宮中の装束を、源氏物語を舞台に現代に再現。衣紋道を守り伝える高倉流の仙石宗久が手掛けた華麗な世界。

書籍 日本刺繍 基礎から応用まで
日本刺繍の初心者から、熟練者まで参考になる、基礎の技術から実践・応用までを詳細解説、幻の名著、堂々の復刊!

書籍 十二単のはなし 1 現代の皇室の装い
長い伝統の上に確立された、美しい装束の世界。現代でも行われる、宮中儀式とその装束を分かりやすく案内する「装束の入門書」。

日本音楽の巨匠 Masters of Japan
日本の伝統音楽の粋を集めた「日本音楽の巨匠 Masters of Japan」はレコード・メーカー4社(キングレコード、コロムビアミュージックエンタテインメント、財団法人ビクター伝統文化振興財団、日本クラウン)の合同企画です。
美しい日本語がもっているメロディと響き、和楽器の音色とサウンドが醸しだす情感こそが“和”の味わいです。この「日本音楽の巨匠 Masters of Japan」シリーズのすべてのアルバムが、日本の伝承音楽文化の真髄を伝えています。日本に生まれ育った人なら、自然と身の内に染み込んでいるものばかりです。「日本音楽の巨匠」たちの演奏との出会いは、あなたの内なる日本文化=和との出会いとなり、あなたの中のある日本の再発見となるでしょう。
日本を代表する伝統音楽文化の担い手であり、“人間国宝”をはじめとする誰もが認める超一級の演奏者たちの“至芸”との出会いをお楽しみください。まず、最初に本物の“芸”を体感していただきたいのです。
@箏
・生田流箏曲/宮城道雄
・山田流箏曲/中能島欣一
・現代箏曲/沢井忠夫
A尺八
・竹韻〜横山勝也・尺八の世界
・琴古流尺八/山口五郎
・都山流尺八/山本邦山
・竹一菅/青木鈴慕
B笛
・笛/寳 山左衛門
C義太夫
・八世 竹本綱大夫 義太夫「仮名手本忠臣蔵」
・常磐津/常磐津一巴太夫
D琵琶
・琵琶劇唱〜鶴田錦史の世界
E三十弦
・三十弦/宮下 伸
F三絃
・三絃/西潟昭子
G囃子
・囃子組曲/若山胤雄社中

DVD 新むきもの技法
日本料理の伝統技術とおもてなしの心。
現代の名匠の技法を映像で収録した初のDVD。
"むきもの"の基礎から応用まで名人の実演と解説で学べます。
「日本料理伝説の技を臨場感とともに。」
監修の長島博氏をはじめ、総勢11名のむきものの名人達が、その技と作品を厨房の臨場感そのままに披露する初のDVDシリーズです。
「多彩な技法を収めた貴重な全10巻。」
入門編×1、基本編×3、応用編×5、特別編×1、の全10巻で構成しました。
基本の桂むきは、よりから、各種の造り台への応用など、多彩な技法を紹介。木取りでは丸型や、4・5・6・8の角型から、様々な題材に切り分けるコツを習得します。大衆店から高級料亭まで、実情に即して使えるヒントが満載です。
「手順が解りやすくすぐに役立ちます。」
ありふれた野菜をむくことで、造り・お椀煮物の表情はプロの料理に一変します。
下ごしらえから始まり、<むき→調理→盛付>の一貫した流れを、実演とポイント解説で丁寧に紹介します。
実際に供される完成料理まで見られるので、アレンジは自由自在です。
「氷彫刻や氷の器切り絵も収録。」
「応用編@〜C」では、春夏秋冬の季節感あふれるむきものを、「応用編D」は、本膳形式の祝い膳・懐石と、鶴亀など慶事の装飾むきものを紹介します。
「特別編」には南瓜の器のほか、飾り切り関連技術として右を収めました。
「短時間のひと手間で売り上げアップに。」
むきもの技法は、美しさでお客様を魅了し、リピーターを増やします。
また、わずかな手間で、料理単価を無理なく上げられます。

・DVD世界の美術館
1.ヨーロッパを代表する18美術館の絵画1058点を一挙収録
名作として評価を得ている絵画、美術史を展望する上で欠かせない作品を厳選し収録、登場画家数は276名にのぼる圧倒的なボリュームの美術全集です。
2.ハイビジョン・カメラが捉えた驚異の鮮明画像
絵画の全体映像はもちろんのこと、筆のタッチや画家が意図した微妙な配色など、これまで捉えることが難しかった絵画の細部をも見事に捉えた、最高クオリティーの鮮明画像を実現いたしました。
3.他の追従を許さないカメラ・ワーク
色飛びを抑え色彩を忠実に再現させるための町微速度撮影法、また、絵の見方に沿ったカメラパーン(視点誘導)など。カメラ・ワークに最新の注意をはらって撮影されています。
4.DVDの技術が美術鑑賞をより楽しくいたします
DVDディスク内には、美術館マップ、インフォメーション、作品データ、美術年表などのデータを約2000枚にのぼる静止画像で挿入、リモコンのワンタッチ操作で必要な情報を呼び出すことができます。美術館内マップや絵画データがあなたの美術鑑賞のお供を致します。
5.絵画とクラシック音楽の微妙なハーモニー
絵画の雰囲気にあわせて選曲された141曲のクラシック音楽がBGMとして挿入されています。絵画とクラシック音楽、ともにヨーロッパで生まれ育まれた芸術の絶妙なハーモニーが至福のひとときを創出致します。
6.美術館の第一人者が監修、総勢20名の美術の専門家が解説を担当
製作にあたっては、西洋美術の第一人者前川誠郎先生(総監修)以下、総勢20名の専門家が解説を担当致しました。
7.豪華解説書付き
美術館解説、画家解説、作品解説(全作品写真付き)、使用楽曲リスト、画家索引、などを満載、これ一冊でも立派な美術館!、ともいえる豪華な解説書付き。


・印象派スペシャル
ピサロ、シスレー・・・
印象派の楽しく、美しい世界を、私がナレーションでご案内します。
案内役:壇ふみさん
●ハイビジョン収録された絵画をじっくりと鑑賞しながら、画の見所、印象派の画家の人生、軌跡、役割等が自然と理解できます。
●豪華スペシャル版解説書つき。作家紹介、作品紹介、印象派MAP、印象派年表により、立体的総合的に学ぶことができます。
●音声多重で、画家たちの活躍した時代のフランス印象主義音楽を収録。クラシック印象主義作品集としても楽しめます。
本物のもつ色彩をお楽しみ下さい。
【製作工程】
通常、TV等の美術番組においては、編集作業上で色彩を調整しますが、本作品においては、印象派の持つ鮮やかな色彩、作品本来の色彩を再現するために、全ての作品において、美術出版の専門家による綿密な色校正の工程と最新鋭のデジタル編集機器の導入を行いました。

ブルーレイ 世界の名画 華麗なる巨匠たち
世界初の画家別,・ブルーレイ絵画全集ついに登場!
ハイビジヨjンで綴る圧倒的な美の映像化
【BS朝日世界の名画〜華麗なる巨匠たち〜」ブルーレイ完全保存版】
時代を代表する美術界のスーパースターたちの描いた絵画作品を軸に、ゆかりの地やエピソードなどから巨匠たちの人物像にせまります。
絵画−それは画家が残したメッセージ。
画家は言葉に尽くせない感情や忘れえぬ情景をカンバスに託しました。
万能の天才レオナルド・ダ・ヴィンチからモネやルノワールらの印象派まで、美術史に登場する巨匠たちが網羅され、作品や生涯、逸話が丹念に取材されている。
代表作を収める有名美術館はもちろん、今なお残る巨匠たちの面影を追い求めて、彼らが住んでいた家やアトリエ跡などゆかりの場所を巡る。見ているだけで、まるでヨーロッパ各地をゆったり旅しているような感に浸れることだろう。
ブルーレイによる高精度な映像は、巨匠たちの手の技までもはっきりと再現し、いつまでも興味はつきない。
藤ひさし(美術映像作家)

ブルーレイ 世界の名画 華麗なる巨匠たち 第U部
絵画−それは画家が残したメッセージ。画家は言葉に尽くせない勘定や忘れえぬ情景をカンバスに託しました。不朽の名画を追ってヨーロパ各地の有名美術館などを訪ね、さまざまな角度からその美の秘密にせまります。
万能の天才レオナルド・ダ・ヴィンチからモネやルノワールらの印象派まで、美術史に登場する巨匠たちが網羅され、作品や生涯、逸話が丹念に取材されている。
代表作を収める有名美術館はもちろん、今なお残る巨匠たちの面影を追い求めて、彼らが住んでいた家やアトリエ跡などゆかりの場所を巡る。見ているだけで、まるでヨーロッパ各地をゆったり旅しているような感に浸れることだろう。
ブルーレイによる高精細な映像は、巨匠たちの手の技までもはっきりと再現し、いつまでも興味はつきない。
藤ひさし(美術映像作家)

世界初の画家別ブルーレイ絵画全集続編が、ついに登場!
高画質な映像で魅せる美の饗宴
【BS朝日「世界の名画〜華麗なる巨匠たち〜」ブルーレイ完全保存版】

ブルーレイ 世界の名画 華麗なる巨匠たち SPECIAL BOX(全2巻)
世界で最も愛されている2大美術館!
世界初の画家別ブルーレイ絵画全集に、ルーブル美術館とオルセー美術館を大特集したSPECIAL BOXが登場!
最高の美術館を、最高の映像で味わう
【BS朝日「世界の名画〜華麗なる巨匠たち〜」ブルーレイ完全保存版】
世界の美術館を代表する。ルーブルとオルセーの魅力を分かりやすく2巻にまとめた特別企画版。ブルーレイの美しいハイビジョン映像でお楽しみください。
『ブルーレイSPECIAL BOX(全2巻)世界の名画』
■商品構成/内容: 【ブルーレイ・ディスク】×2枚
●片面一書ディスク ●1音声(ドルビーデジタルステレオ)
●NTSC日本国内向け ●各巻ミニ解説書つき
■商品体裁: 【ブルーレイ・ディスク】×2枚 ●カラージャケット、作品リスト付●プラスチック・ケース●特製化粧箱入り


正倉院 〜時を超えた世界の宝〜DVD-BOX
正倉院 〜時を超えた世界の宝〜ブルーレイBOX
1250年余りの時を超えて美しい輝きを放つ正倉院宝物。
八世紀、天平時代に花開いた国際色豊かな文化の息吹、技巧を凝らした美術品の数々。
古代の信仰や思想、当時の人々の営みが美しい映像とともに甦ります。
このビデオグラムは、正倉院展で開示された宝物を一点ずつ詳細にわたってご鑑賞頂けるハイビジョン映像集です。2012年、2013年の2回にわたり発売されるうち、今回は全5巻、約160点におよぶ宝物を、正倉院の北倉・中倉・南倉の3つの倉ごとに分けて紹介しています。またその宝物に対する理解を更に深められるよう、時代背景や製作技術に至るまで、様々な観点からまとめたストーリー映像も各巻ごとに盛り込み、どなたにも親しみ易い内容となっております。同時に、正倉院の最新の研究結果を記載しているほか、楽器の音色の貴重な再現を網羅しているなど、全般にわたり専門性の高い資料としてもお使い頂けます。

DVD 白川静の世界
あらゆる世代に伝えたい白川静の学問と生涯!
三千年をさかのぼる漢字の起源をつまびらかにし、東洋の精神を探り続けた偉業の研究者、白川静──。
その生涯と業績を紹介し、遺された講話を盛り込みながら漢字の生い立ちと構造を探るとともに、「祭り」によって日中の文化的類似性も明らかにした初めての映像版「白川静の世界」。最新刊のDVDシリーズ。
世も変り、時代の風尚も異なって、今では私の試みたような学問領域に遊ぶ人は、意外に少ないようである。東洋の問題を考え、わが国の将来の文化、また国語の将来を考える上に、この学問領域はことに重要な分野であるはずである。――白川静
(平凡社刊『回思九十年 私の履歴書』より)
「白川静」は奇人である。私以上に奇人である。白川静は詩人である。人麻呂の如く詩人である。白川静と言えば、「漢字」であるが、私は先生の『詩経』の訳に、甘く哀しく切ないものを感じる。学者である以前に先生は日本の叙情詩人である、と私は思う。それが「白川 学」を美しいものにしている。――梅原猛
※この商品は、平成16年に発売されたビデオ「白川静の世界 全三巻」をDVD化したものです。

いつか見た風景 画家 谷内六郎の四季 DVD-BOX
めぐる季節を子どもの眼を通して描いた画家・谷内六郎。1300余点に及ぶ作品の中から、四季と夢の世界を朗読と音楽でつづるDVD。非売品の特製ポストカード付き。
雑誌「週刊新潮」の表紙を長い間描いた画家として知られる谷内六郎の作品を回顧します。他界して30年以上経つが、未だに多くのファンから支持されている谷内六郎の作品を紹介しながら、その人生に迫りました。
【語り】 岸本加世子 【朗読 】池田武志

三曲合奏大全集


◆生田流(CD25枚セット)歌詞カード・ケース付
◆山田流(CD17枚セット)歌詞カード・ケース付

この『三曲合奏大全集CD版』は、既刊のカセット版『三曲合奏大全集(正・続)』を再構成し、デジタルCD化したものです。
注目商品です。

海洋堂レゾネ KAIYODO RAISONNE
海洋堂食玩制作10周年記念出版
「海洋堂レゾネ」。
食玩 約1,500点
カプセルトイ 約500点など
掲載点数 約3,000点
迫力の描写、リアリティを追求した造形で
“お菓子のおまけ”を芸術の域にまで高めた海洋堂。
その誇るべきアートワークスを徹底的に網羅した、魅せる
カタログ・レゾネ(芸術家の作品を可能な限り収録した出版物)、
食玩制作10周年記念の永久保存版クロニカルとしてついに刊行。



アイ ラブ ネイル BOX i love nail dvd
今最も熱いネイル!!トップネイルアーティストたちによる、華麗なスーパーテクニックをDVDに収録。個人でネイルを楽しみたいという人たちやネイリストを目指しているネイル大好きな人たちに、素敵で凄いテクニック教本的DVD。動画ならではの臨場感。トップネイルアーティストの「手さばき」、「筆さばき」が手に取るようにわかる。もちろんテクニックのポイントは分かりやすく解説。

CD 小沢昭一の日本の放浪芸
完全復刻版。
後世に手渡す道の芸街の芸。
二十世紀ドキュメント・レコードの金字塔。

@CD「日本の放浪芸」 小沢昭一が訪ねた道の芸・街の芸
ひとりの俳優が「芸」のふるさとを求めて足と情熱で蒐めた記録!
一年有余にわたる日本縦断現地録音!
昭和46年度日本レコード大賞企画賞受賞

ACD「又日本の放浪芸」 小沢昭一が訪ねた渡世(てきや)芸術
かって芸能を育んだ香具師の世界にいまなお残る芸の血筋を追求して!
日本縦断現地ステレオ録音!
昭和48年度芸術選奨受賞

BCD「また又日本の放浪芸」小沢昭一が訪ねた旅僧たちの説法 節談説教
小沢昭一がまた又訪ねた日本のフシと語りのふるさと新発見!
落語、講義、浪花節・・・・話芸の源流を寺院の説教にさぐる
CCD小沢昭一が訪ねた「能登の節談説教」
小沢昭一・シリーズ秘蔵の3作品の中の「能登の節談説教」
貴重な未発表音源をCD化!
今なお命脈を保つ放浪の至芸を、現地デジタル収録した圧巻の一枚!
DDVD 小沢 昭一の「新日本の放浪芸」〜訪ねて韓国・インドまで
放浪芸シリーズの金字塔!
唯一の映像作品を待望のDVD化!
1986年 AVAグランプリビデオ部門優秀作品賞受賞

お客様の声
いつも素晴らしい商品を紹介していただきありがとうございます。
今回の「日本の放浪芸」は最高でした。
一週間かけて聞き終えましたがスゴイ作品です。
これからも良い作品があればどんどんご紹介下さい。本当にありがとうございました。
(栃木県 M・T 様)

先週、実家の両親と、南紀方面に旅行に行って来ました。観光地を数箇所回りましたが、母親の「道成寺の絵解き説法を聞きたい」との希望で、和歌山県の道成寺にも寄りました。若いお坊さんの説法でしたが、それは楽しいお話でした。
旅行から帰った晩、道成寺の絵解き説法に関してネットで検索してて、御社からDVDが出ている事を知りました。こんな時、ネットは便利です。
「もう1度見てみたい」と思い、自分のと母親の分の2枚を注文させて頂きました。 届いたDVDを早速拝見しましたが、内容は勿論の事、画像も編集も良くて、大変に満足しております。道成寺で見たのは、丁度1週間前の水曜日でした。
これから実家に行って、母親に渡してきます。
(名古屋市 O・H 様)