日本の和紙

日本の和紙。知っておきたい8つのこと

和紙は、日本の最も基本的な芸術品でありながら、見過ごされがちなもののひとつです。1,300年の歴史の中で、和紙は多くの日本の芸術のバックボーンとなってきた。和紙は日本文化に深く浸透しており、和紙作りを中心とした町があるほどだ。
和紙は、日本の伝統的な紙を意味する。和紙の歴史、用途、日本の旅行先など、和紙には多くの魅力がある。ここでは、和紙について知っておくべきことをすべて紹介します。和紙の世界は実に多様である。

『 匠の世界 』木竹工

日本は木と竹の文化の国である。
建築もインテリアも、食器から人形や面まで、広汎に木や竹が利用されてきた。
その木工芸技術は、世界の最高峰の一つを築いている。
1400年以上前、奈良に都がつくられたときから、日本には豊かな木や竹を利用して、便利な道具や壮大な芸術品をつくる伝統があった。高度に発達した木工技術がどのように発展してきたのか、職人と一緒に体験してみましょう。

『 匠の世界 』 陶 芸

六古窯に成熟し、桃山に花開き、江戸に爛熟し、明治に工夫を極めた日本の陶磁器。
素朴な瓦や民間窯から贅をつくした色絵磁器、優れた作家まで、土と手の技を記録する。
日本の代表的な芸術のひとつに「焼き物」があります。美術館で古典的な陶磁器を鑑賞し、有名な窯元の町を訪れ、陶芸活動に参加し、レストランで食器を楽しむことができます。

『 匠の世界 』 染織

日本各地に自然素材を用いた鄙びの味の織物がある。日本人は古来より染織の技術を磨き、文化を形成し、彩りながら明るい未来へと歩んできました。
一方、絢爛豪華な王朝貴族の雅の極致もあり、武家の裃、町衆好みの染めや絞まで、貴重な技が息づいている。
紬縞織・絣織 織は人なり、人は心なり。